「酒鬼薔薇聖斗」が犯行手記を出版…印税はどうするのか?

公開日: 更新日:

「酒鬼薔薇聖斗」を名乗り、97年に神戸連続児童殺傷事件を引き起こした加害男性(32)が10日、犯行の経緯や心情を振り返った手記「絶歌」(太田出版=税別1500円)を出版した。著者名は「元少年A」。

 手記は全294ページ。「精神鑑定でも、医療少年院で受けたカウンセリングでも、ついに誰にも打ち明けることができず、20年以上ものあいだ心の金庫に仕舞い込んできた」という事件前からの性衝動や、犯行に至るまでの精神状況をつづっているという。

 著者が受け取る印税は一般に10%。「初版は10万部。印税は当然、著者に支払われます」(太田出版営業部)というから、単純計算で男性の懐には1500万円が入ることになるが、使い道はどうなるのか。

 男性の両親が99年に出版した「『少年A』この子を生んで…父と母悔恨の手記」(文藝春秋)の印税は慰謝料に充てられ、ほかに両親が毎月8000円、男性が4000円を遺族に支払っていると伝えられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  6. 6

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  7. 7

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  8. 8

    【Q】浴室で腐乱も…まわりに孤独死した人が何人もいます

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る