ピーク時の2割減…実質賃金“2年3カ月ぶりプラス”の欺瞞

公開日:  更新日:

 7月の実質賃金が2年3カ月ぶりにプラスとなり、大メディアは賃金アップを実感できる環境が整ったと大々的に報じている。

「プラスとはいえ、前年同月比でわずか0.3%増です。9月下旬に公表される確報値でマイナスに転じる可能性もあります。7月にズレ込むとしていた夏のボーナスも伸び悩みだった。手放しで喜べる状態ではないでしょう」(市場関係者)

 実質賃金は物価を考慮したあとの数値だ。7月は物価上昇が緩やかだったため、結果的に実質賃金が伸びた形だ。消費者物価指数をみると、4月は0.6%増で、5月0.5%増、6月0.4%増、そして7月は0.2%増と低迷だ。

「賃金アップを実感しているのは、輸出を中心とする大企業に勤める一握りのサラリーマンに過ぎません。株価も低迷しているし、景気回復は遠のいている印象です。財布のヒモは固くなるばかりでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る