入閣1人の岸田派が内紛「野田聖子を担げばよかった」の声も

公開日: 更新日:

 閣僚の数が5人から親分1人に減った岸田派でついに内紛騒動だ。

「宏池会(岸田派)は風見鶏派閥ではない」

 岸田派が8日開いた派閥の会合で、山本幸三衆院議員が、こう噛みついたのである。

 これには伏線があって、岸田外相が5日の同派研修会で「軽武装・経済重視政策は宏池会の本質ではない」と言ったことにさかのぼる。

 防衛費、軍事費に金をかけず、その分、経済の繁栄に回す。これが宏池会の伝統的考え方だが、安倍首相にすり寄り、軍国化の道に舵切りした岸田外相は、「路線変更」に踏み込んだ。

 これに「違和感を覚えた」山本氏が人事で派閥が冷遇されたことも手伝って、ブチ切れたのである。

「軽武装・経済最優先が宏池会の存在意義だ」「国民生活を豊かにする政権なら大いに協力し、そうでなければ敢然と対峙する覚悟を持たなければ派閥の意味がない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  7. 7

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  8. 8

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  9. 9

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  10. 10

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

もっと見る