• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新国立「杜のスタジアム」 “見え方”だけならB案に軍配か

 くしくも「杜のスタジアム」という名前までカブっていた。白紙撤回となった新国立競技場のやり直し建設計画できのう(14日)、応募業者の技術提案書2案が公表されたが、コンセプトは驚くほどそっくりである。

 A案は建築家・隈研吾氏(61)と大成建設のグループ、B案が建築家・伊東豊雄氏(74)と竹中工務店、清水建設、大林組の3社が組んだグループとみられる。

 両案とも「神宮の杜」の自然と周辺環境との調和を前面に打ち出し、木材をふんだんに使って「和」を強調する。同じ形のフレームを繰り返して組み合わせ、楕円形のシンプルなスタンドを構成する工法も酷似。工期縮減を図った結果、2019年11月末という完成時期と1500億円弱の総工費までほぼ同じだ。

「両案が似たのは『これなら建つ』と国民を安心させることを優先させた結果でしょう。キールアーチを使った大胆なデザインの旧計画が工費の面で猛批判を浴び、工期短縮まで迫られれば、保守的でスタンダードなデザインを選ぶしかない。限られた条件下で、A案は『神宮外苑の緑』との調和がよく取れていると思います」(ロンドン五輪で馬術会場を担当した建築家の山嵜一也氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る