• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年内更迭が一転…高木パンツ大臣に“弾よけ続投説”急浮上

 下着ドロ疑惑に加え、選挙区内への香典配布問題が炸裂し、安倍政権“広報紙”に年内更迭とまで報じられた高木パンツ大臣だが、驚いたことに、ここへきて「来春まで続投」説が浮上している。

 高木大臣本人が「正月の晴れ舞台は『大臣』で」と強い執着で辞任を渋っているといわれていたが、それとは別に、意外にも安倍官邸が続投を望んでいるというのである。

「臨時国会を開かなかったため、来年の通常国会では処理しなければならない法案が多いだけでなく、補正予算を早期に成立させなければならない。官邸は当初、野党の高木大臣追及に審議時間が取られるのは困ると、年内の辞任を望んでいました。しかし、高木さんは辞める気がない。だったら、逆に高木さんを利用できるだけ利用しようということです。通常国会で高木さんに野党の質問が集中すれば、安倍首相が追い詰められることはないし、他の閣僚のスキャンダルも出にくい」(自民党関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る