大阪の有名店は店じまい “閉店商法”は罪に問われないのか

公開日: 更新日:

「もうあかん やめます」という閉店セールの垂れ幕で営業してきた大阪・西天満の「靴のオットー」がついに本当に店じまいを決めた。

 同店は1977年創業。バブル崩壊後の93年ごろ、客足が激減したため、この文句をキャッチフレーズにしたところ、店の知名度が高まったという。

 西天満の名物になったわけだが、気になるのが法律問題だ。閉店をちらつかせながら店じまいせず20年以上も経営を続けてきた。これって詐欺罪に抵触しないのか。

「厳密に言えば詐欺罪の余地がないわけではないものの、可能性はかなり低い」と解説するのは弁護士の落合洋司氏だ。

「詐欺は意図的にウソをついて人をダマす行為ですが、この店が提示したのはシャレが利いたキャッチコピーみたいなもの。お客もそれを理解した上で、ノリで買い物をしてきたのでしょう。仮にお客が警察に“ダマされた”と訴えた場合、警察は受理して捜査をするかもしれませんが、詐欺で立件できる可能性は低いと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る