大阪の有名店は店じまい “閉店商法”は罪に問われないのか

公開日:  更新日:

「もうあかん やめます」という閉店セールの垂れ幕で営業してきた大阪・西天満の「靴のオットー」がついに本当に店じまいを決めた。

 同店は1977年創業。バブル崩壊後の93年ごろ、客足が激減したため、この文句をキャッチフレーズにしたところ、店の知名度が高まったという。

 西天満の名物になったわけだが、気になるのが法律問題だ。閉店をちらつかせながら店じまいせず20年以上も経営を続けてきた。これって詐欺罪に抵触しないのか。

「厳密に言えば詐欺罪の余地がないわけではないものの、可能性はかなり低い」と解説するのは弁護士の落合洋司氏だ。

「詐欺は意図的にウソをついて人をダマす行為ですが、この店が提示したのはシャレが利いたキャッチコピーみたいなもの。お客もそれを理解した上で、ノリで買い物をしてきたのでしょう。仮にお客が警察に“ダマされた”と訴えた場合、警察は受理して捜査をするかもしれませんが、詐欺で立件できる可能性は低いと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る