マイナス金利の希少な恩恵 「住宅ローン」はこう活用する

公開日: 更新日:

 日銀がマイナス金利の導入を決めて約1週間が過ぎた。“黒田バズーカ3”の不発は明らかで、日経平均は決定前より200円以上も下がり、円高が進んだ。しかし、家計にとって数少ないプラスに働きそうなのが住宅ローンだ。

 新生銀行は金利を最大0.1%引き下げ、10年固定型の金利を年1.15%とした。住宅金融支援機構の「フラット35」の金利も下がる見込み。すでに不動産市場は“バブル崩壊”が指摘されているが、それでもマンションは「買い」なのか。

 住宅ジャーナリストの榊淳司氏が言う。

「大きく分けて、買っていい人とダメな人に分かれます。買ってもいいのは、キチンと頭金を準備し、年収の5倍以内の物件を購入しようとしているのに、住宅ローンの審査が通らなかった人たちです。不当に厳しい査定でローンをハネられてきた人たちは、今なら融資を受けられるチャンスが高い。ただ、その際に気をつけるべきは金利です。5~6年前まで35年ローンの金利は2.5%前後でした。日銀が金融政策を転換すれば、すぐに同程度に戻る可能性は十分あります。そうなった時に返済が滞らないように資金計画を立てることが大切です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る