“頂上作戦”か 「弘道会本部」ガサ入れした警察の真の狙い

公開日: 更新日:

 この定例会では分裂後2回目となる「山口組新報」の最新号が配布された。

 檄文には〈山口組々員としての誇りと矜持を胸に一致団結してその力を示さなければならぬ時であります〉と書かれており、「対立抗争」が新たなステージに入りつつあることが示唆されている。

■都内で20人以上の組員が大乱闘

 実際、先週末も足立区・竹ノ塚駅近くで6代目側と神戸側の組員20人以上が大乱闘を繰り広げ、兵庫、大阪、相模原でも“抗争”が行われた。警察庁は日増しにエスカレートする抗争をいよいよ看過できなくなったようだ。

 暴力団に詳しい元兵庫県警刑事の飛松五男氏が言う。

「今回の弘道会本部へのガサ入れは明らかに警察側による牽制でしょう。5月26日の伊勢志摩サミットを控え、警察庁は警備体制を強化しています。『サミット期間中にドンパチを繰り広げて警察の顔に泥を塗ったら本気で潰しにかかるぞ』と6代目山口組側に警告したのだと考えられます。家宅捜索したのが弘道会本部のある愛知県警ではなく、三重県警だったのもそうした意味が含まれていると考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    鈴木亮平「レンアイ漫画家」はドラマ化に不向きだった?

  10. 10

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

もっと見る