• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豊洲問題 小池知事が取るべき手段は“伏魔殿”都庁の大粛清

「豊洲問題」で大揺れの都議会。いよいよ、4日から代表質問が始まったが、全貌はいまだに“闇”のままだ。何といっても最大の要因は、小池百合子都知事が先月30日の会見で明らかにした通り、都庁職員が非協力的だからだろう。だが、都庁側がこのままダンマリを決め込むのであれば、小池知事が取るべき手段は決まっている。旧ソ連時代のスターリンとは言わないが、強権発動による都の“大粛清”だ。

 小池知事の会見に、ビックリ仰天した人も多かったに違いない。豊洲市場移転は現時点で6000億円もする超ビッグプロジェクトである。計画の詳細な経緯はもちろん、「GOサイン」を出した責任者のハンコを確認すれば、「誰が」「いつ」「なぜ」「決めた」のかなんてすぐに分かる。ところが、小池知事の会見によると、「(盛り土をしないのは)段階的に方針が固まった。いつ誰がをピンポイントで特定するのは難しい。“空気”と“流れ”の中で進んでいた」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る