加盟国に“反EU”の動き 英国は経済成長で生き残る可能性

公開日: 更新日:

「大英帝国の終焉」と騒がれたイギリスの「EU離脱」。2016年6月の国民投票直後は、イギリスは巨大なEU市場を失い、急速に経済が悪化すると懸念された。ところが、意外なことにイギリス経済は、2017年も強さを維持する可能性が高い。

 2016年7~9月期のGDPは、専門家の予想を裏切り前期比0・5%成長を遂げ、前年同期比でも2.3%成長だった。皮肉なことにポンド安によって輸出を伸ばしている。IMFの独立評価機関「IEO」のリポートは、EU離脱から2年後、イギリスの経済成長はドイツやフランスを上回るだろうと予測しているのだ。

「英国の景気後退が指摘されたのは、市場としてのEUを失い、他国からの投資が減ると懸念されたからです。でも、EUサイドは離脱条件を厳しくできないと思う。EU各国にとってイギリスは、重要な輸出国だからです。イギリス経済が悪化すると共倒れしてしまうのです」(民間シンクタンク研究員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る