加盟国に“反EU”の動き 英国は経済成長で生き残る可能性

公開日: 更新日:

「大英帝国の終焉」と騒がれたイギリスの「EU離脱」。2016年6月の国民投票直後は、イギリスは巨大なEU市場を失い、急速に経済が悪化すると懸念された。ところが、意外なことにイギリス経済は、2017年も強さを維持する可能性が高い。

 2016年7~9月期のGDPは、専門家の予想を裏切り前期比0・5%成長を遂げ、前年同期比でも2.3%成長だった。皮肉なことにポンド安によって輸出を伸ばしている。IMFの独立評価機関「IEO」のリポートは、EU離脱から2年後、イギリスの経済成長はドイツやフランスを上回るだろうと予測しているのだ。

「英国の景気後退が指摘されたのは、市場としてのEUを失い、他国からの投資が減ると懸念されたからです。でも、EUサイドは離脱条件を厳しくできないと思う。EU各国にとってイギリスは、重要な輸出国だからです。イギリス経済が悪化すると共倒れしてしまうのです」(民間シンクタンク研究員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る