日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

戦争突入へ着手 「イスラム掃討」「NSC改編」の大統領令

 トランプ大統領がいよいよ戦争突入の準備に着手した。トランプは28日、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)を壊滅させる大統領令に署名し、“狂犬”マティス国防長官に対し、IS掃討計画の草案を30日以内に提出するよう命じた。

 大統領令では、現在も継続中のIS掃討作戦に「新たな有志連合パートナー」の検討を指示。米ロ首脳電話会談でも親密ぶりをアピールしたプーチン大統領のロシアを引き込むことを狙っているとみられる。

 また、トランプは同じ日、IS掃討作戦を実行しやすくするため、国家安全保障会議(NSC)を改編する大統領令にも署名した。

 米軍の制服組トップの統合参謀本部議長や情報機関を束ねる国家情報長官を、常任メンバーから非常任メンバーに降格。代わりに、過激な発言で知られるホワイトハウスのバノン首席戦略官・上級顧問らを常任メンバーに加えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事