トランプの止まない反論ツイート 「強固な国境必要」

公開日:

 イスラム圏7カ国の出身者の入国を禁止した大統領令に対する世界規模の猛反対と混乱に対し、トランプ大統領が29、30の両日にわたってツイッターで反論や弁解の投稿を立て続けに行った。

 トランプは29日に「強固な国境と究極の入国審査が必要だ。めちゃくちゃになっている欧州、世界の状況を見てみろよ」と大統領令を改めて擁護すると、反対する上院議員らに「上院は『イスラム国』や不法移民、国境警備にエネルギーを注ぐべきだ」と反論。

 30日になってもツイートは止まらず、各地の空港での大混乱に関して「32万5000人のうち、拘束され事情聴取されたのはたった109人だった。空港での大トラブルの原因は、デルタ航空のコンピューター障害やデモ参加者ら、そして(涙を流して抗議した)シューマー上院議員のせいだ」と主張。突然の大統領令のタイミングに関しては「もし実施の1週間前に発表したら『悪者』はその間に国内になだれ込んでいただろう」。

 さらに、「米国から仕事が流出していた時、民主党員や反対派(マスコミ)からの怒りの声はどこにあった?」と反対派を攻撃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る