トランプの止まない反論ツイート 「強固な国境必要」

公開日:

 イスラム圏7カ国の出身者の入国を禁止した大統領令に対する世界規模の猛反対と混乱に対し、トランプ大統領が29、30の両日にわたってツイッターで反論や弁解の投稿を立て続けに行った。

 トランプは29日に「強固な国境と究極の入国審査が必要だ。めちゃくちゃになっている欧州、世界の状況を見てみろよ」と大統領令を改めて擁護すると、反対する上院議員らに「上院は『イスラム国』や不法移民、国境警備にエネルギーを注ぐべきだ」と反論。

 30日になってもツイートは止まらず、各地の空港での大混乱に関して「32万5000人のうち、拘束され事情聴取されたのはたった109人だった。空港での大トラブルの原因は、デルタ航空のコンピューター障害やデモ参加者ら、そして(涙を流して抗議した)シューマー上院議員のせいだ」と主張。突然の大統領令のタイミングに関しては「もし実施の1週間前に発表したら『悪者』はその間に国内になだれ込んでいただろう」。

 さらに、「米国から仕事が流出していた時、民主党員や反対派(マスコミ)からの怒りの声はどこにあった?」と反対派を攻撃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る