日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

首相の“天下し”もあり得る 森友学園「安倍記念小」疑惑

 文科省の組織的な「天下り」あっせん問題に続いて、国有不動産の民間への「天下り」が大きな問題となってきた。そもそも、学校法人「森友学園」の教育方針がムチャクチャだ。経営する「塚本幼稚園幼児教育学園」の運動会の様子は異様である。2年前の秋には、園児にこう宣誓させていた。

「日本が他の国に負けぬよう、尖閣列島・竹島・北方領土を守り、日本を悪者として扱っている、中国、韓国が、心改め、歴史で嘘を教えないよう、お願い致します。安倍首相、ガンバレ! 安倍首相、ガンバレ! 安保法制国会通過よかったです」

 ハッキリ言って園児に言わせるような事柄ではないし、教え込むこと自体が教育基本法に反している。第14条2項で、特定の政党の支持や反対するための政治教育を禁じているのだ。教育基本法を守れないような学校法人に小学校設置を認可するべきではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事