負債1兆円超破綻でも…タカタ「再建」の可能性が高い理由

公開日: 更新日:

 欠陥エアバッグの大規模リコール問題を抱えるタカタ(東京・品川区)は26日、民事再生法の適用を東京地裁に申請した。負債総額は1兆円を超え、製造業としては戦後最大だ。

 ところが、適用申請が報じられた16日以降、下落続きだったタカタ株(東証1部)が、先週金曜日、なぜか急騰、ストップ高となる前日比50円高(45・6%アップ)の160円の終値を付けた。どういうことなのか。タカタ株でひと儲けできるのか。

「民事再生法の適用申請直前に株価が急上昇することはよくあります。すぐ売ることが前提の短期投資家の買いが中心です。安値なので元手が少なくて済む。捨て金覚悟で万が一の大穴狙いでしょう。一種のマネーゲームです。ただ、いずれタカタ株が“紙切れ”同然になるのは避けられません」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 どうやら、上場廃止になるまで市場のオモチャにされそうだ。タカタ株の“終幕”は近いとして、意外にも事業は再建される可能性が高いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る