負債1兆円超破綻でも…タカタ「再建」の可能性が高い理由

公開日:  更新日:

 欠陥エアバッグの大規模リコール問題を抱えるタカタ(東京・品川区)は26日、民事再生法の適用を東京地裁に申請した。負債総額は1兆円を超え、製造業としては戦後最大だ。

 ところが、適用申請が報じられた16日以降、下落続きだったタカタ株(東証1部)が、先週金曜日、なぜか急騰、ストップ高となる前日比50円高(45・6%アップ)の160円の終値を付けた。どういうことなのか。タカタ株でひと儲けできるのか。

「民事再生法の適用申請直前に株価が急上昇することはよくあります。すぐ売ることが前提の短期投資家の買いが中心です。安値なので元手が少なくて済む。捨て金覚悟で万が一の大穴狙いでしょう。一種のマネーゲームです。ただ、いずれタカタ株が“紙切れ”同然になるのは避けられません」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 どうやら、上場廃止になるまで市場のオモチャにされそうだ。タカタ株の“終幕”は近いとして、意外にも事業は再建される可能性が高いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る