これで6度目…「物価2%」先送りは黒田総裁の“続投宣言”か

公開日: 更新日:

 日銀の黒田東彦総裁が「白旗」を上げた。2013年4月の異次元緩和で掲げた「2%の物価上昇」の達成時期をまたも先送りし、「19年度(20年3月末まで)ごろ」としたのだ。

 先送りは実に6度目。当初は「2年程度で達成」としていたから、15年春には実現していたはずだ。ところが5年も後ズレし、黒田総裁の任期切れとなる18年4月までの達成を断念した。黒田氏は20日会見で、「残念だが、適切な見通しをつくることが一番大事だ」と冷静に話した。

「無責任すぎるでしょう。6度も先送りしておいて『適切な見通しが一番大事』とは開いた口がふさがりません。自身の任期中に達成できないのなら、潔く『物価2%』目標を取り下げるべきです」(市場関係者)

 第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏も言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る