日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

これで6度目…「物価2%」先送りは黒田総裁の“続投宣言”か

 日銀の黒田東彦総裁が「白旗」を上げた。2013年4月の異次元緩和で掲げた「2%の物価上昇」の達成時期をまたも先送りし、「19年度(20年3月末まで)ごろ」としたのだ。

 先送りは実に6度目。当初は「2年程度で達成」としていたから、15年春には実現していたはずだ。ところが5年も後ズレし、黒田総裁の任期切れとなる18年4月までの達成を断念した。黒田氏は20日会見で、「残念だが、適切な見通しをつくることが一番大事だ」と冷静に話した。

「無責任すぎるでしょう。6度も先送りしておいて『適切な見通しが一番大事』とは開いた口がふさがりません。自身の任期中に達成できないのなら、潔く『物価2%』目標を取り下げるべきです」(市場関係者)

 第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏も言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事