これで6度目…「物価2%」先送りは黒田総裁の“続投宣言”か

公開日:

 日銀の黒田東彦総裁が「白旗」を上げた。2013年4月の異次元緩和で掲げた「2%の物価上昇」の達成時期をまたも先送りし、「19年度(20年3月末まで)ごろ」としたのだ。

 先送りは実に6度目。当初は「2年程度で達成」としていたから、15年春には実現していたはずだ。ところが5年も後ズレし、黒田総裁の任期切れとなる18年4月までの達成を断念した。黒田氏は20日会見で、「残念だが、適切な見通しをつくることが一番大事だ」と冷静に話した。

「無責任すぎるでしょう。6度も先送りしておいて『適切な見通しが一番大事』とは開いた口がふさがりません。自身の任期中に達成できないのなら、潔く『物価2%』目標を取り下げるべきです」(市場関係者)

 第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏も言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る