ファンケル 島田和幸社長<1>2人のカリスマから直接学んだ

公開日:  更新日:

 ファンケルは東証1部上場企業。化粧品と健康食品の製造販売をしている。創業者の池森賢二は、肌にやさしい無添加の化粧品を開発し、自ら顧客に届け、ファンを増やしていった。そういった立志伝中の人物から見込まれたのが現在の社長、島田和幸(61)である。

「私は今年の4月に社長になりました。それまで、化粧品と健康食品は、持ち株会社の下に子会社としてぶら下がっていたのですが、連携が不十分で機動的に動いていなかった。実は、当社の化粧品とサプリをともに購入されているお客さまは多いのです。にもかかわらず2つの子会社に分かれていた時には、それぞれが独自のアプローチをしていました。お客さまにとっては煩わしいことですよね。そこで、私は持ち株会社を解消し、1つの組織にまとめてお客さまにサービスしていくことにしました。当社は世の中の『不』を解消するために生まれた会社です。不安、不満、不便、不利益、不健康……。ですから、まずは組織連携の不十分を解決するところから社長の仕事をスタートしたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る