ファンケル 島田和幸社長<1>2人のカリスマから直接学んだ

公開日:  更新日:

 ファンケルは東証1部上場企業。化粧品と健康食品の製造販売をしている。創業者の池森賢二は、肌にやさしい無添加の化粧品を開発し、自ら顧客に届け、ファンを増やしていった。そういった立志伝中の人物から見込まれたのが現在の社長、島田和幸(61)である。

「私は今年の4月に社長になりました。それまで、化粧品と健康食品は、持ち株会社の下に子会社としてぶら下がっていたのですが、連携が不十分で機動的に動いていなかった。実は、当社の化粧品とサプリをともに購入されているお客さまは多いのです。にもかかわらず2つの子会社に分かれていた時には、それぞれが独自のアプローチをしていました。お客さまにとっては煩わしいことですよね。そこで、私は持ち株会社を解消し、1つの組織にまとめてお客さまにサービスしていくことにしました。当社は世の中の『不』を解消するために生まれた会社です。不安、不満、不便、不利益、不健康……。ですから、まずは組織連携の不十分を解決するところから社長の仕事をスタートしたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る