大蔵省の天下り 東京金融取引所に巣くう“高齢顧問”の正体

公開日:

「あまりにヒドイのではないか」――。金融関係者の間でこうささやかれているのが、東京金融取引所(TFX)の大蔵省(現・財務省)出身者の「天下り常態化」だ。

 同取引所は、1989年に会員制法人の「東京金融先物取引所」として設立され、2004年に株式会社化。07年に先物取引所から金融商品取引所へと変わって現在に至っている。

 民間会社の位置づけだが、歴代トップは全員、旧大蔵官僚。現社長の太田省三氏(71)も元大蔵省印刷局長だ。なかでも関係者の間で取り沙汰されているのが、太田氏の前任だった斎藤次郎氏(82)のいわゆる“わたり”である。

 斎藤氏は、東大法学部卒業後、1959年に大蔵省入省。官房長、主計局長などを歴任し、93年に次官となった。95年の退官後、社団法人「研究情報基金」理事長や財団法人「国際金融情報センター」顧問などの“天下りポスト”を渡り歩き、2000年5月に、東京金融取引所(当時=東京金融先物取引所)の理事長(現・社長)に就任。09年10月から日本郵政社長を務め、12年12月に退任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る