• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ワセダクロニクル渡辺周編集長<5>気が付けば同士が自然に

 2013年、朝日新聞の特報部に移った渡辺は水を得た魚のように活躍した。NUMO(原子力発電環境整備機構)の核燃料再処理処分場を取材する過程で、言葉巧みに処分場の応募を促す詐欺師を突き止めたのも渡辺である。

 ところが、その特報部は2014年、いわゆる「吉田調書」で激震に見舞われる。

 調書に基づいて、朝日が「福島第1原発にいた作業員が『所長命令に違反 原発撤退』」と報じた記事がその後、大問題になったのである。

 2014年9月11日、「吉田調書」記事は取り消され、朝日新聞は謝罪した。訂正ではなく取り消しにし、臭いモノにフタをして責任回避しようとする経営陣に対し、渡辺は憤った。社員総会でも積極的に発言し、かみついた。こんなことでは調査報道などできない――。こう追及する渡辺の舌鋒は鋭く、他の記者は「あんまり吊るし上げないほうがいいよ」と忠告した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る