• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ワセダクロニクル渡辺周編集長<5>気が付けば同士が自然に

 2013年、朝日新聞の特報部に移った渡辺は水を得た魚のように活躍した。NUMO(原子力発電環境整備機構)の核燃料再処理処分場を取材する過程で、言葉巧みに処分場の応募を促す詐欺師を突き止めたのも渡辺である。

 ところが、その特報部は2014年、いわゆる「吉田調書」で激震に見舞われる。

 調書に基づいて、朝日が「福島第1原発にいた作業員が『所長命令に違反 原発撤退』」と報じた記事がその後、大問題になったのである。

 2014年9月11日、「吉田調書」記事は取り消され、朝日新聞は謝罪した。訂正ではなく取り消しにし、臭いモノにフタをして責任回避しようとする経営陣に対し、渡辺は憤った。社員総会でも積極的に発言し、かみついた。こんなことでは調査報道などできない――。こう追及する渡辺の舌鋒は鋭く、他の記者は「あんまり吊るし上げないほうがいいよ」と忠告した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る