業界で明暗が 平均給与「前年比アップ」意外な企業の名前

公開日:

 東京商工リサーチが21日に発表した2017年決算での「上場企業2681社の平均年間給与」調査によると、平均は599万1000円で、前年より3万8000円(0.6%)増えた。トップはM&A助言会社GCAの1559万円で4年連続だ。

「GCAは前年より580万円減ったものの今回も1位です。2位は、都心のビルやマンションを保有し、高収益を上げる不動産業のヒューリック。資源高などで好調の5大商社はすべて10位以内に入りました」(東京商工リサーチ情報本部・坂田芳博氏)

 上位には、いつもの会社がズラリだったが、目を引いたのが「前年比増加率上位10社」(別表)だ。このご時世に2~7割以上もアップしていて、何ともうらやましい。

■建設業は人手不足で増額

 1位の通販事業のパスは、経営再建中で給与の低い社員が退職したことが背景。2位のスポーツ用品販売のゴールドウインは算出方法の変更が原因。4位のエルナーも経営再建中で、この3社こそ特殊要因だが、その他は給料がアップするそれなりの理由がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る