業界で明暗が 平均給与「前年比アップ」意外な企業の名前

公開日: 更新日:

 東京商工リサーチが21日に発表した2017年決算での「上場企業2681社の平均年間給与」調査によると、平均は599万1000円で、前年より3万8000円(0.6%)増えた。トップはM&A助言会社GCAの1559万円で4年連続だ。

「GCAは前年より580万円減ったものの今回も1位です。2位は、都心のビルやマンションを保有し、高収益を上げる不動産業のヒューリック。資源高などで好調の5大商社はすべて10位以内に入りました」(東京商工リサーチ情報本部・坂田芳博氏)

 上位には、いつもの会社がズラリだったが、目を引いたのが「前年比増加率上位10社」(別表)だ。このご時世に2~7割以上もアップしていて、何ともうらやましい。

■建設業は人手不足で増額

 1位の通販事業のパスは、経営再建中で給与の低い社員が退職したことが背景。2位のスポーツ用品販売のゴールドウインは算出方法の変更が原因。4位のエルナーも経営再建中で、この3社こそ特殊要因だが、その他は給料がアップするそれなりの理由がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  9. 9

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る