資産2000億円 メルカリ山田会長は典型的IT社長とどう違う

公開日:

 19日東証マザーズに新規上場した「メルカリ」の初値は、公募価格(3000円)の67%高となる5000円だった。2016年7月に上場したLINEの48・5%高を超える絶好調スタートだ。

 それに合わせ創業者の山田進太郎会長(40)が保有する株式評価額はなんと約2000億円となった。一気に大富豪の仲間入りをした山田会長とは、どのような人物なのか。

 愛知県出身の山田会長は、弁護士の父と税理士の母に育てられ、昔からサラリーマンとして働くことは考えていなかったという。中学、高校は海部俊樹元首相やタレントの林修といった個性的な卒業生が多い中高一貫の進学校「東海中高」。早稲田大学教育学部に進み、大学ではイベントを企画するサークル「早稲田リンクス」の代表として手腕を発揮し、「早稲田のビル・ゲイツ」と呼ばれた。

 就活では当時はまだ社員20人ほどのベンチャーであった楽天の内定を辞退。フリーのウェブディレクターとして活動した後、2005年に「株式会社ウノウ」というインターネットサービス会社を立ち上げている。作ったゲームがヒットして、会社を米国のネットゲーム大手「ジンガ」に譲渡して幹部に就任するが、窮屈な組織に辟易として1年半で会社を去っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る