藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

高値奪還を期待 「HEROZ」の売りは最高峰のAIテクノロジー

公開日:

 先週の東京株式市場は大荒れの展開となりました。米中貿易摩擦懸念で、中国株式市場が下落。日本株も大幅安となっています。とくに新興市場の下げがきつく、東証マザーズ指数は、1000ポイントの大台を割り込む展開となっています。

 逆に言うと、実力株の大バーゲンセールともいえる状況となっております。この相場展開の中では、先週以前に大きく売り込まれて大幅下落したあとで、下値不安の低い銘柄に投資家の注目が集まりそうです。

 今回紹介するのは、今年4月に公開価格4500円で新規上場し、初値4万9000円と、いきなり株価10倍高(テンバガー)を達成した「HEROZ」(4382、東証マザーズ=投資金額約200万円)です。

 将棋の全国大会で数回優勝し、アマ6段の林隆弘社長が、将棋で強くなるために、将棋の人工知能(AI)を活用したところから、創業しています。将棋電脳戦で、現役プロ棋士に勝利した人工知能技術を持っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る