• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

高値奪還を期待 「HEROZ」の売りは最高峰のAIテクノロジー

 先週の東京株式市場は大荒れの展開となりました。米中貿易摩擦懸念で、中国株式市場が下落。日本株も大幅安となっています。とくに新興市場の下げがきつく、東証マザーズ指数は、1000ポイントの大台を割り込む展開となっています。

 逆に言うと、実力株の大バーゲンセールともいえる状況となっております。この相場展開の中では、先週以前に大きく売り込まれて大幅下落したあとで、下値不安の低い銘柄に投資家の注目が集まりそうです。

 今回紹介するのは、今年4月に公開価格4500円で新規上場し、初値4万9000円と、いきなり株価10倍高(テンバガー)を達成した「HEROZ」(4382、東証マザーズ=投資金額約200万円)です。

 将棋の全国大会で数回優勝し、アマ6段の林隆弘社長が、将棋で強くなるために、将棋の人工知能(AI)を活用したところから、創業しています。将棋電脳戦で、現役プロ棋士に勝利した人工知能技術を持っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る