• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

全国紙の経済記者を経て独立。豊富な人脈と経験、知識を生かし、経済事件の裏側をえぐったり、経営者を論評する名著が多い。「企業舎弟 闇の抗争」「創業家物語」「ネットバブル」など。経済記者の大御所である。

不二家<下>期限切れ原材料使用の代償…山崎パン傘下で再建

 2007年1月10日、不二家は奈落の底に突き落とされた。埼玉工場で作った洋菓子に自社で定める消費期限切れの原材料を使用していたことが発覚した。内部告発によって、この醜聞は公になった。

 翌11日、消費期限が切れた牛乳を使ったシュークリーム約1万6000個を出荷したと発表。06年11月に事実を把握しながら公表しなかったことが批判された。

 その後の社内調査で、他にも期限切れの原材料を使っていた商品があることが判明した。出荷基準を上回る細菌が検出された商品を出荷しており、食中毒が発生していた事実も隠した。

 工場の操業停止や洋菓子店の休業に追い込まれた。スーパーなど流通大手も不二家製品の販売を相次いで見合わせ、不二家の営業基盤は大きく揺らいだ。

 同1月22日、一連の不祥事の責任を取り、創業家出身で6代目社長の藤井林太郎が引責辞任を表明。臨時取締役会を開き、後任社長に取締役の櫻井康文が就任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る