• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

不二家<下>期限切れ原材料使用の代償…山崎パン傘下で再建

 2007年1月10日、不二家は奈落の底に突き落とされた。埼玉工場で作った洋菓子に自社で定める消費期限切れの原材料を使用していたことが発覚した。内部告発によって、この醜聞は公になった。

 翌11日、消費期限が切れた牛乳を使ったシュークリーム約1万6000個を出荷したと発表。06年11月に事実を把握しながら公表しなかったことが批判された。

 その後の社内調査で、他にも期限切れの原材料を使っていた商品があることが判明した。出荷基準を上回る細菌が検出された商品を出荷しており、食中毒が発生していた事実も隠した。

 工場の操業停止や洋菓子店の休業に追い込まれた。スーパーなど流通大手も不二家製品の販売を相次いで見合わせ、不二家の営業基盤は大きく揺らいだ。

 同1月22日、一連の不祥事の責任を取り、創業家出身で6代目社長の藤井林太郎が引責辞任を表明。臨時取締役会を開き、後任社長に取締役の櫻井康文が就任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

もっと見る