• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、精力的な取材・執筆活動を続ける。7月に「社長争奪 ―世襲・派閥・策謀」(さくら舎)を上梓。

不二家<下>期限切れ原材料使用の代償…山崎パン傘下で再建

 2007年1月10日、不二家は奈落の底に突き落とされた。埼玉工場で作った洋菓子に自社で定める消費期限切れの原材料を使用していたことが発覚した。内部告発によって、この醜聞は公になった。

 翌11日、消費期限が切れた牛乳を使ったシュークリーム約1万6000個を出荷したと発表。06年11月に事実を把握しながら公表しなかったことが批判された。

 その後の社内調査で、他にも期限切れの原材料を使っていた商品があることが判明した。出荷基準を上回る細菌が検出された商品を出荷しており、食中毒が発生していた事実も隠した。

 工場の操業停止や洋菓子店の休業に追い込まれた。スーパーなど流通大手も不二家製品の販売を相次いで見合わせ、不二家の営業基盤は大きく揺らいだ。

 同1月22日、一連の不祥事の責任を取り、創業家出身で6代目社長の藤井林太郎が引責辞任を表明。臨時取締役会を開き、後任社長に取締役の櫻井康文が就任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る