有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

不二家<下>期限切れ原材料使用の代償…山崎パン傘下で再建

公開日: 更新日:

 2007年1月10日、不二家は奈落の底に突き落とされた。埼玉工場で作った洋菓子に自社で定める消費期限切れの原材料を使用していたことが発覚した。内部告発によって、この醜聞は公になった。

 翌11日、消費期限が切れた牛乳を使ったシュークリーム約1万6000個を出荷したと発表。06年11月に事実を把握しながら公表しなかったことが批判された。

 その後の社内調査で、他にも期限切れの原材料を使っていた商品があることが判明した。出荷基準を上回る細菌が検出された商品を出荷しており、食中毒が発生していた事実も隠した。

 工場の操業停止や洋菓子店の休業に追い込まれた。スーパーなど流通大手も不二家製品の販売を相次いで見合わせ、不二家の営業基盤は大きく揺らいだ。

 同1月22日、一連の不祥事の責任を取り、創業家出身で6代目社長の藤井林太郎が引責辞任を表明。臨時取締役会を開き、後任社長に取締役の櫻井康文が就任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る