• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米ウォルマート売却方針 西友“消滅危機”で買い手はどこに

 西友は解体か――。そんな囁きが流通業界から聞こえてくる。

 12日、米ウォルマートが傘下の西友を売却する方針を固めたことが明らかになった。ウォルマートは2002年に西友と資本提携し、08年に完全子会社化。黒船と恐れられた巨大外資は、上陸から20年弱で日本市場から撤退することになる。

 西友の店舗数は300超。ウォルマートは3000億~5000億円での売却をもくろんでいるという。

「店舗の一括売却を目指しているようですが、西友は不採算店が多く、切り売りされる可能性はあるでしょう。業績も好調とはいえません」(流通関係者)

 西友を含むウォルマートの日本事業は「ウォルマート・ジャパン・ホールディングス」が担っている。決算公告によると、16年12月期は最終損益が2億4900万円の赤字、17年12月はトントンだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る