• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“第四新卒”を積極採用 「森下仁丹」V字回復させた異色社長

投稿日:

 人生100年時代を迎えようとしている今、年功序列や終身雇用、定年制といった従来の雇用のあり方は過去のものになりつつある。

 働き方が多様化する中で、昨年、40~50代の中高年、いわゆる“オッサン、オバサン”を中心に採用して話題なのが創業125年の老舗企業・森下仁丹だ。

 最高齢72歳、応募総数2200人と多大な反響を呼んだオッサン採用。その内容を著書「赤字30億円からV字復活させた 逆転発想の人材・組織改革術」(扶桑社)にまとめた駒村純一社長が、中高年の可能性について語る。

「わが社では社会人経験の長い40~50代の人材を『第四新卒』と呼んで採用しています。私はよく会社組織をサッカーに例えるんですが、森下仁丹には経験を積んでいて、チームを立て直していく実力あるプレーヤーが必要でした。その上で、社内に新しい風を吹き込み、ゲームに勝ちにいく気概を持った人材を採用しようとした結果、『第四新卒』の募集に至ったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  10. 10

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

もっと見る