ウィラーエクスプレス 平山幸司社長<6>バス事故が社会問題に

公開日:  更新日:

 2008年、ウィラーに入社する。最初の仕事は、高速ツアーバスの路線づくりだった。全国の路線を一気に増やしてダイヤを考え、1年間でほぼ現在に近い路線網をつくり上げた。

 10年ごろ、高速ツアーバスが拡大するにつれ、マーケットを侵食されていた高速乗り合いバス業者が、「ツアーバスは乗り合いバスまがいの違法行為」として、批判を強めるようになった。12年、国交省は2年間の審議を経て、高速ツアーバスと高速乗り合いバスの一本化を決める。 

 需要と供給に基づいた価格変動など高速ツアーバスのメリットも盛り込んだ「新高速乗合バス制度」を施行、高速ツアーバスは高速乗り合いバスへ移行されることになり、その準備期間を2年と設定された。

 ところが、施行からわずか1カ月後、関越自動車道で高速ツアーバスの居眠り運転事故が発生、7人の犠牲者を出す大事故として世間を騒がせることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る