小池知事「円滑」発言の裏で豊洲市場エレベーター事故続出

公開日: 更新日:

「ちゃんと答えろ!」と野党からヤジが飛んだ4日の都議会「経済・港湾委員会」で、小池都知事豊洲市場について「おおむね円滑に進んでいる」と言っていた。ところが、日刊ゲンダイの調べで、豊洲市場は「円滑」とは程遠い状況であることが判明した。重大事故が続出しているのだ。

  ◇  ◇  ◇

「トラックにぶつかりそうになり、あわててハンドルを反対に切りターレに振り落とされる。後頭部を地面に強打し出血する」「ターレがマンホールのくぼみにハンドルを取られ縁石に乗り上げ、投げ出され腰を強打」――。本紙が独自入手した都の「事故内容詳細」と題された文書には、豊洲市場で起きた事故の詳細が生々しく記されていた。

 開場当日の昨年10月11日~12月21日で、発生件数は人身、物損を合わせ計82件。ほぼ毎日、何かしらの事故が起きている計算になる。中には、ケガ人が救急搬送されたケースもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る