豊洲市場のマグロ競り見学が不人気 大幅な定員割れが続く

公開日: 更新日:

 東京・豊洲市場でマグロの競り見学が、専用エリアを開設した1月15日から1カ月たっても振るわない。築地市場では連日、多くの見学者がいたが、豊洲では参加方法が変わったことなどで人気は低調だ。

 豊洲市場の水産卸売場棟2階には、事前の申し込みなしでマグロの卸売場を見下ろせる通路があり、多くの外国人が来ているが、ガラス張りで音は聞こえない。一方、マグロ見学の専用エリアは卸売場に隣接し、競り人が鳴らす鐘の音や威勢のいい掛け声を聞くこともでき、「臨場感や迫力が違う」(都)と強調する。

 築地のマグロ見学は当日受け付けの先着制だったため、深夜から大勢の外国人が押し寄せ、早々に定員に達することもあった。豊洲では、専用エリアでできるだけ予定通り見学できるよう、都はネットなどで事前に希望日や名前などを登録する申込制に変更。定員が1日120人を超えた場合は抽選とした。ところが、応募は大幅な定員割れが続いている。当日来ない人も多く、見学者は応募の半数程度で、20人に満たないこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る