中村芳平
著者のコラム一覧
中村芳平外食ジャーナリスト

1947年3月9日、群馬県生まれ。早大卒。「週刊サンケイ」の契約記者などを経てフリーに。近著に「居酒屋チェーン戦国史」(イースト新書)。

1700店舗展開「モンテローザ」はホワイト企業に脱皮なるか

公開日: 更新日:

 居酒屋「白木屋」「魚民」「笑笑」「山内農場」など35業態約1700店舗を展開する「モンテローザ」は、長時間労働などから2018年度のブラック企業大賞にノミネートされた。そのモンテローザが、人手不足を背景に月2回休業日を設定し、ホワイト企業に生まれ変わろうとしている。

 モンテローザの創業者・大神輝博は大分県の高校を卒業後、18歳で上京。新宿・歌舞伎町の高級クラブで呼び込みから始めた。適性があったのだろう、呼び込みだけで一晩20組以上1万6000円稼ぎ、店の仕事もやって20日勤務で三十数万円稼いだ。大卒の初任給が月3万円の時代だ。24歳で高級クラブの総支配人に抜擢された。大神は3店舗の店を8店舗に増やした。

 店のオーナー経営者が大神の才覚を認め、800万円を貸し、のれん分けのような形で独立させた。1975年、25歳でパブ「モンテローザ」を開業した。まだカラオケもなかった時代、ピアノの生演奏を入れて歌えるようにした。ホステスに「飲み代の50%をキャッシュバック」し、集客した。3店舗まで増やしたが掛け売りが多く、嫌気が差したという。82年6月「つぼ八新宿3丁目店」がオープンした。大神は店が終わった後、馴染みの客と朝まで営業している同店を訪れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  5. 5

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  6. 6

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  9. 9

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  10. 10

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る