大阪府堺市長選 維新公認の永藤英機氏が逃げ切り初当選

公開日: 更新日:

 大阪維新の会がゴリ押しする「大阪都構想」の実現に弾みとなるか……。政治資金問題をめぐる前市長の辞職に伴う大阪府堺市長選は9日、投開票され、維新公認の新人で元大阪府議の永藤英機氏(42)が初当選。無所属で元堺市議の野村友昭氏(45)に1万4000票差まで迫られたが、逃げ切った。

 前回に続く立候補となった永藤氏は、竹山修身前市長の「政治とカネ」の問題を厳しく批判。大阪府・市との広域連携などを公約に掲げていた。

 維新は大阪府、市のダブル首長選、衆院大阪12区補選に続いて4連勝となった。

 野村氏は都構想反対を前面に出し、一部の自民市議や共産党系の市民団体なども自主的に支援に回ったが、維新の勢いを止められなかった。

 共同通信社などが実施した出口調査によると、「将来的に堺市が大阪都構想に参加すべきだと思うか」の問いに対する回答は「そう思う」47.2%、「思わない」48.7%と拮抗した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  8. 8

    阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安

  9. 9

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  10. 10

    長引き離婚を巡る「世界のキタノ」と「世界の三船」の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る