大阪府堺市長選 維新公認の永藤英機氏が逃げ切り初当選

公開日: 更新日:

 大阪維新の会がゴリ押しする「大阪都構想」の実現に弾みとなるか……。政治資金問題をめぐる前市長の辞職に伴う大阪府堺市長選は9日、投開票され、維新公認の新人で元大阪府議の永藤英機氏(42)が初当選。無所属で元堺市議の野村友昭氏(45)に1万4000票差まで迫られたが、逃げ切った。

 前回に続く立候補となった永藤氏は、竹山修身前市長の「政治とカネ」の問題を厳しく批判。大阪府・市との広域連携などを公約に掲げていた。

 維新は大阪府、市のダブル首長選、衆院大阪12区補選に続いて4連勝となった。

 野村氏は都構想反対を前面に出し、一部の自民市議や共産党系の市民団体なども自主的に支援に回ったが、維新の勢いを止められなかった。

 共同通信社などが実施した出口調査によると、「将来的に堺市が大阪都構想に参加すべきだと思うか」の問いに対する回答は「そう思う」47.2%、「思わない」48.7%と拮抗した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る