【群馬】山本一太の県知事選転出で“自民王国”に揺らぎ

公開日: 更新日:

【群馬】(改選数1)

○○清水 真人44自新
  斎藤 敦子51立新

 4期務めた自民の山本一太元沖縄北方相(61)が県知事選に転出し、新人同士の対決に。

 高崎市議を2期、県議を2期務めた清水に対し、野党統一候補の斎藤は看護師資格も持つ元大学准教授だ。

「4期連続で圧勝してきた山本一太さん相手なら勝負にならなかったでしょうが、清水さんは高崎市での知名度はあっても、全県的にはゼロに近い。知名度不足という点では、清水さんも斎藤さんもスタートラインは同じです」(地元紙記者)

 組織力では清水が圧倒的に優位だが、斎藤は女性票が期待できる。

「それに今回は参院、知事選が同日で有権者の関心が高く、投票率も上がりそうです。斎藤さんが女性に加えて若者、無党派層までアピールできれば、“自民王国”に揺らぎも出てくるでしょう。群馬は、昨年の総裁選で石破茂元幹事長の票数が安倍首相を上回った。自民支持層も一枚岩ではありません」(前出の地元紙記者)

 “アンチ安倍票”の動きも気になるところだ。

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。上段は政治評論家・野上忠興氏、下段は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る