メルシャン 長林道生社長<1>商社志望だったがキリンに入社

公開日: 更新日:

「そりゃ君、キリンビールに行きなさい」

 上智大学外国語学部フランス語学科4年の長林道生は、就職課のベテラン担当官から当然のように言われる。1987年も秋の気配が漂い、就職戦線は実質的に終盤を迎えていた。長林は当初、仕事にフランス語を生かせる商社に絞って就活し、複数社から内定を得ていた。

 だが、あるOBから「入社後10年は、アフリカのフランス語圏で働くことになるだろう」と明かされる。別の商社のOBにも、「その通りだ。パリで働けるのは50代になってから」と言われる。

「いまならば、喜んで行ったでしょう。でも、当時はまだ若く、世間知らずで将来への不安が大きくなった。このため、方向転換を決意。身近であるという理由から、酒類・食品メーカーを受けました」

 急な転舵だったが、ビール会社を含めいくつもの内定を確保する。そこで、どの会社を選ぶべきか就職課に相談したところ、返ってきた答えが、冒頭だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  5. 5

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  6. 6

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  7. 7

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  8. 8

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る