適菜収
著者のコラム一覧
適菜収作家

1975年生まれ。作家。ニーチェの「アンチクリスト」を現代語訳した「キリスト教は邪教です!」、「ゲーテの警告 日本を滅ぼす『B層』の正体 」など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。詳細は適菜収のメールマガジンへ。

過去にはテロ予告も…すべてが絶望的に古いN国党の体質

公開日: 更新日:

 災害が発生したときは初動が重要だ。NHKから国民を守る党への対応も時間が勝負である。

 一部メディアは「新しい政治の動き」としてれいわ新選組と並べて論じているが冗談ではない。N国が平成の30年にわたる政治腐敗の成れの果てだとしたら、れいわ新選組はこの30年の政治に対する反発である。要するに真逆。水と油。れいわ新選組の新しさは反グローバリズム、反構造改革路線を明確に打ち出したところにあるが、N国はすべてが絶望的に古い。

「NHKをぶっ壊す!」というフレーズも、20年近く前の小泉純一郎の「自民党をぶっ壊す!」の二番煎じか三番煎じか四番煎じ。要するに出がらし。既得権を叩くことにより、新しい利権を手に入れようとする連中が集まってくるところまで同じだ。

 小泉がやったことは何か? 郵政民営化などの売国に反対した保守的な政治家を自民党から追放し、さらには刺客まで送り込んだ。そして実際に自民党をぶっ壊し、ぶっ壊れたまま放置し、政治に対する信頼まで破壊した。結局自民党は政商とカルト、新自由主義者に乗っ取られてしまった。昔の自民党と今の自民党は完全に別物である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  8. 8

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る