安倍首相のこのこ訪ロ プーチン大統領が突き付ける新要求

公開日: 更新日:

 成果のない外遊を重ねる安倍首相が4日、ロシア極東のウラジオストクに飛び立った。プーチン大統領の肝いりで2015年に始まった東方経済フォーラムに出席するためで、安倍首相が顔を出すのは4年連続。

 昨年はプーチンから「前提条件なしで年末までに平和条約を結ぼう」と出し抜けに言われ、北方領土をめぐる4島返還方針の2島後退を招いたいわくつきの国際会議だ。

 通算27回目の日ロ首脳会談は5日に予定されているが、領土返還も平和条約締結交渉も進展は望むべくもない。今年に入ってロシア側は態度を硬化させ、「第2次世界大戦の結果を認めろ」「在日米軍を何とかしろ」などと迫った揚げ句、プーチンが「(北方4島を日本に引き渡す)計画はない」と断言。先月上旬にはメドベージェフ首相が択捉島を訪問し、「日本側から抗議が強まるほど、ロシア政府要人が訪れる動機も高まる」と挑発した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

  10. 10

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る