石破氏から菅氏へ…“変わり身の早い男”は刺激欲求が強い

公開日: 更新日:

「大胆不敵」。いや、「君子豹変」というべきか。小泉進次郎氏の環境大臣就任を見て、サラリーマンたちの反応はさまざまだった。過去、2度の総裁選で、彼は無派閥ながら安倍首相ではなく石破茂元幹事長に「投票した」と公言している。党務をこなしつつ、党を批判すべき時は声を上げ、潔しとする評価もあった。

 ところが、今回はどうだ。首相の意向を受けた菅官房長官から大臣就任の要請を受けると、二つ返事で「OK!」。まるでLINEスタンプを押すかのような早さ。思えば、結婚も真っ先に首相と官房長官に報告したっけ。

 彼の中の石破氏はどこへ行ったのか。見限ったのか。この変わり身の早さも政治家の資質なのか。サラリーマン社会で、“変わり身の早さ”はマイナスイメージが強い。“抜け目のなさ”や“強欲さ”が見え隠れするからだ。

 社会心理学に詳しい埼玉学園大学大学院教授の古澤照幸氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  8. 8

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  9. 9

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  10. 10

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る