石破氏から菅氏へ…“変わり身の早い男”は刺激欲求が強い

公開日: 更新日:

「大胆不敵」。いや、「君子豹変」というべきか。小泉進次郎氏の環境大臣就任を見て、サラリーマンたちの反応はさまざまだった。過去、2度の総裁選で、彼は無派閥ながら安倍首相ではなく石破茂元幹事長に「投票した」と公言している。党務をこなしつつ、党を批判すべき時は声を上げ、潔しとする評価もあった。

 ところが、今回はどうだ。首相の意向を受けた菅官房長官から大臣就任の要請を受けると、二つ返事で「OK!」。まるでLINEスタンプを押すかのような早さ。思えば、結婚も真っ先に首相と官房長官に報告したっけ。

 彼の中の石破氏はどこへ行ったのか。見限ったのか。この変わり身の早さも政治家の資質なのか。サラリーマン社会で、“変わり身の早さ”はマイナスイメージが強い。“抜け目のなさ”や“強欲さ”が見え隠れするからだ。

 社会心理学に詳しい埼玉学園大学大学院教授の古澤照幸氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  5. 5

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  9. 9

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  10. 10

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

もっと見る