ゴーン被告の逃亡に「日本人の協力者」か 仏週刊誌に示唆

公開日: 更新日:

 レバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が、フランスの週刊誌「パリマッチ」のインタビューに対して「現地の人が一切加担することなく日本を脱出できると信じているなら、それは幻想だ」と述べ、日本からの逃亡に協力した日本人がいたことを示唆した。インタビューは16日に発売された同誌に掲載された。

 ゴーン被告は一方、脱出の詳細については「協力者を危険にさらす恐れがある」としてコメントを避けた。さらに、ゴーン被告自身が数カ月間にわたり逃亡計画を練ったとする報道について「間違いだ」と否定。「私は行動すると決めたらグズグズと先延ばしにしない。出国しなければならないと思った時から、全てが迅速に進んだ」と話した。

【動画】日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

もっと見る