クルーズ船14日間「監禁地獄」乗客乗員3700人の不満と不安

公開日: 更新日:

「感染拡大を防ぐため、皆さまにはご自身の客室に戻り、待機をしていただきますよう、お願い申し上げます」――。5日早朝、横浜港沖に停泊中だった「ダイヤモンド・プリンセス」の船内アナウンスで状況は一変した。

 3日、クルーズ船に乗船していた香港の80代男性が、新型コロナウイルスに感染していたことが判明。これを受け、厚労省は男性との濃厚接触者など計273人分の検体を採取。5日、31人分の結果が判明し、10人が感染していることが分かった。6日朝、新たに結果が判明した71人のうち10人が陽性だと確認された。これにより、日本人約1200人を含む乗客乗員約3700人は今後、少なくとも19日までの14日間、客室内で「監禁生活」を余儀なくされることになった。船は6日朝、横浜市の大黒ふ頭に着岸。乗客乗員に食料などが補給された。

 当初は4日夜にも自宅に戻れるはずだった。新たに10人の感染者が判明したことで、乗客は不安を強めている。

「用意していた高血圧の持病薬がなくなりそうだと話す人や、インスリンが必要な糖尿病の患者もいます。飛行機での旅は無理だが、客船ならと参加した高齢者もいました。とにかく突然の事態に皆、困惑しています」(男性の乗客)

 何より、狭い部屋から一歩も出られないことに不満を募らせているという。

「部屋から出ないように」と念を押され、監視するかのように乗員が廊下に立っているそうだ。デッキがある部屋はまだ「マシ」だが、開閉できない円窓や窓すらない客室もあるという。

「心配なのは乗客に高齢者が多いことです。14日間も閉じ込められたら、健康な若者だって心身がおかしくなる。高齢の方が耐えられるのでしょうか」(前出の乗客)

 しかも予定通り14日間で下船できればいいが、もし新たな感染者が見つかったら、そこからさらに隔離期間が延びる可能性もある。14日間も閉じ込められたら、どうなってしまうのか。

「ゴールが見えない時には、人は無気力になるか、攻撃的になるかです」と、船医経験のある心理学博士の鈴木丈織氏がこう続ける。

「多くの場合、自己防衛本能が働き、暴力的になります。『船に乗らなければよかった』と自分を責めているうちに被害者意識が強くなり、怒りの矛先は他人に向けられます。何で見張られないといけないのかと不満がたまり、部屋から出ようとし、止めに入った乗員に食ってかかることも考えられます」

 乗員乗客を含め、船に残されたのは外国人が多いことから、事態はさらに複雑化することも。

「『高い部屋の客からサービスをしろ』とか、『ここは日本なんだから日本人を優先しろ』などと一気に差別化が進み、あちこちでトラブルが起こるかもしれません。そうなると、かなり危険な状態になります」(鈴木丈織氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍