安倍会見の怒号をNHK流さず “やってる感”演出に加担の茶番

公開日: 更新日:

 8人目の質疑が終わった時点で会見開始から42分ほど。進行役の長谷川広報官が会見終了を告げると、会見場は騒然となった。

「待ってください!」「おかしいじゃないか!」「これ、記者会見と呼べますか!」

 首相番ではない記者たちから怒号が上がり、質疑は続行。ちなみに、NHKの中継は怒号の直前に打ち切られ、“アベ友”岩田明子記者のスタジオ解説に切り替わっている。

 結局、計12人が質問したところで「次の予定がある」と会見は終了。日刊ゲンダイ含め、まだ多くの記者が挙手していたのだが……。動静を見ると安倍首相はそのまま自宅に帰っているのだからフザケている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る