仏コロナ禍 政府の外出禁止令に国民は「おおむね協力的」

公開日: 更新日:

 3月17日の正午、フランスは外出禁止になった。可能な仕事は全てテレワークに切り替え、病院、銀行、郵便局、薬局、食料品店などを除き、全ての施設が閉鎖。学校も閉まった。外出が許されるのは仕事、診察、生活必需品の買い出し、老人や子供などのアシスト、身内の葬式と犬及び自分の最低限の散歩に限られ、理由を書いた証明書を持って出かけないと罰金を科される。国境は封鎖され、列車や航空機も大幅に運休になった。統一市町村選の第2回投票は延期された。

 マクロン大統領が「戦時だ」と強調する非常事態だが、フランス人たちは国民の命を守り、死者を増やさないという趣旨を理解し、おおむね協力的だ。

 フランスが封鎖に踏み切ったのは、新型コロナウイルスの感染者数増加速度が半端でないからだ。3月14日、感染者が4500人超、死者91人を数えた。当局は、感染が全土に広がり、すでに封じ込めは不可能、感染速度の減速に目標をシフトする第3段階に至ったと宣言。生活必需以外の施設の閉鎖を指示したが、徹底せず、15日の日曜日にはフランス人の多くが外出していた。しかもこの日、全国的な統一市町村選挙の第1回投票は中止されずに行われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る