渡辺周
著者のコラム一覧
渡辺周「ワセダクロニクル」編集長

1974年、神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、日本テレビに入社し、2000年から朝日新聞。高野山真言宗の資金運用や製薬会社の医師への資金提供の実態をスクープしたほか、原発事故後は長期連載「プロメテウスの罠」取材チームの主要メンバーとして活躍した。2016年3月に退社、ニュース組織兼発信媒体「ワセダクロニクル」の編集長に就任。

1988年に寮から失踪したもう1人の厚生技官

公開日: 更新日:

プルトニウム製造係長 竹村達也さん

 1972(昭和47)年、茨城県東海村の動燃(現・日本原子力研究開発機構)で働く科学者・竹村達也が失踪した。大阪大学工学部を卒業し、米アルゴンヌ国立研究所にも留学、帰国後はプルトニウム製造係長も務めていたエリートだ。その後、竹村の名前は警察庁の拉致関連リストに登場する。

 本連載を始めてから、日刊ゲンダイとワセダクロニクルには続々と北朝鮮による拉致問題の情報が寄せられている。

 例えば、第26回「リストに掲載された『ロボット』『工作機械』の人材」を掲載後、こんな情報提供があった。

「取材記事の中に(ロボット制御を学んだ)河嶋さん、(精密工作機械メーカーに勤めていた)矢倉さんを挙げて下さいましたが、もうひとり、1988年に石坂孝さん(当時29歳)という方が失踪されています」


■化学物質の研究調査を担当

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

もっと見る