上半期サイバー犯罪は608件 コロナ関連の詐欺被害が多発

公開日: 更新日:

 警察庁は1日、今年上半期(1~6月)に全国の警察が扱ったサイバー犯罪に関するまとめを発表した。

■不正送金被害は5億円

 新型コロナ関連の検挙や相談事案は計608件を確認。インターネットバンキングを悪用した第三者による不正送金は885件で、被害総額は約5億1200万円に上った。

 新型コロナ関連は2月以降、44都道府県の警察から報告があり、「サイトでマスクを注文したが商品が届かない」といった詐欺被害が286件と47%を占めて最多。「政府の給付金を送るので、記載されたURLから申請して」などと不審なメールが届いた事案は115件。マスク購入のため入力したクレジットカード情報が盗まれるなどの個人情報不正取得は55件あった。

 一方、今回の不正送金のまとめには、9月に明らかになったNTTドコモの「ドコモ口座」を悪用した銀行預金の引き出しは含まれていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  4. 4

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

もっと見る