松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「リアルインテリジェンス」で最新情報を提供中。

ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

公開日: 更新日:

 激動の時代は実践的な「資産防衛」も大切です。

 ドコモ口座詐欺とは、地方銀行などの口座から第三者にオンライン決済システムであるドコモ口座を勝手につくられ、そこに資金が移動され盗まれるという詐欺です。

 銀行とドコモ口座の両方の本人確認手段が甘いところを突かれ、成りすましが比較的簡単だったことが原因です。

 一般の報道では、口座番号、名前、暗証番号を何らかの手段で不正に入手し、利用して引き出したとされていますが、このレベルの認識ではリスクを回避できません。

 詐欺の手口を知っておくことが極めて大切です。

 ここでは一般報道では報道されない暗証番号に絞って簡単に解説します。

 口座番号(会員番号)と暗証番号4桁のシステムでは、口座番号を固定して暗証番号を変えて口座へアクセスしようとしても、間違った暗証番号を入れ続けるとロックされますが、暗証番号を固定し、口座番号を変えて、その暗証番号を使っている口座を特定するのは簡単です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

もっと見る