学術会議の会員任命拒否 衆院内閣委で「新たな火ダネ」に

公開日: 更新日:

「政府の姿勢に強く憤りを覚える」

 立憲民主党枝野幸男代表がカンカンだったのも当然だろう。野党側が何を聞いてもきちんとした説明が何もなかったからだ。

 7日、日本学術会議が推薦した会員候補6人の任命を菅義偉首相が拒否した問題などをテーマに閉会中審査が行われた衆院内閣委員会。野党側は「学術会議が会員候補を推薦し、首相はこれに基づいて任命する」と規定した日本学術会議法や、任命は「形式的なものに過ぎない」とした1983年の政府答弁を踏まえ、菅首相が6人を拒否した理由や正当性をただした。

 ところが、政府側は「学術会議法の解釈を変更したものではない」(三ツ林裕巳内閣府副大臣)と答弁する一方、公務員の選定罷免権を定めた憲法15条に触れながら「必ず推薦の通りに任命しなければならないということまでは言及されていない」(内閣府の大塚幸寛官房長)などと答えていたからクラクラする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る