鉄槌を食らった菅自民党 麻生政権の二の舞の末路 <上>

公開日: 更新日:

惨敗の背景に底なし金権腐敗と安倍・菅への不信任

 惨敗の背景に横たわるのは自民の金権腐敗だ。3選挙のキッカケからして長野以外は「政治とカネ」。それでも自民は北海道で候補を立てず、有権者と向き合うことすら放棄。2019年の参院選で党本部が広島の河井夫妻に投じた1億5000万円の使途は依然、不透明なまま。完全に有権者をなめてかかっていた。

 だから全敗回避を狙った広島でも自民は大逆風。前回衆院選で7つの小選挙区のうち6つを制した金城湯池で、2年前の参院選でも自民2候補への得票率は計55%。基礎票はケタ違いでも野党が一騎打ちを制した要因は選挙民の強烈な後押し。自民の金権体質に不満を爆発させたのだ。

 広島の敗北は党県連会長として陣頭指揮を執った岸田前政調会長一人の責任ではない。8年以上に及ぶ安倍・菅政治に怒れる選挙民が不信任を突きつけたのである。現地を取材したジャーナリストの横田一氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    菅政権ブチ上げ「五輪期間テレワーク」計画に怒りの声噴出

  4. 4

    TBSの鬼門「ラヴィット!」死に体で安住アナにかかる重圧

  5. 5

    妊婦なのに…溺れかけの子供3人を助けた米国女性が大絶賛

  6. 6

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  7. 7

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  8. 8

    「めざまし8」絶賛されたり炎上したり 谷原章介は大丈夫?

  9. 9

    09年ドラフトで荻野貴司を1位指名した舞台裏と圧倒的武器

  10. 10

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

もっと見る