【福島】自民の利益誘導選挙に「話す力」の元ラジオアナが猛追

公開日: 更新日:

福島(改選数1)

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。左印は政治評論家・野上忠興氏、右印は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

 ◇  ◇  ◇

 参院選ラストサンデー(3日)の須賀川市。同市を含む衆院福島3区で10回連続当選中の立憲民主党玄葉光一郎元外相は個人演説会で、野党系無所属の小野寺をこう紹介した。

「当初は12ポイントあった差が縮まり、毎日新聞の調査では1ポイント差になった」

 玄葉は「昨年の総選挙で福島(5小選挙区)は野党3勝で勝ち越している」と地力があることも強調し、逆転勝利への手応えを語った。実際、各紙が報じる福島の中盤情勢は「自民優勢」から「接戦」に転じ、選挙全体の自民大勝予測が崩れるかを占う激戦区になっている。

 猛追の原動力は、ラジオアナウンサー時代に磨いた「話す力」。感情を込めた明瞭な話しぶりで、比喩も絶妙だ。岸田政権が継承するアベノミクスで大企業と金持ちが儲かる一方、円安誘導で庶民が物価高に苦しむ実態を「大きな歯車と小さな歯車」に例え、「小さな歯車にもオイルを注がないといけない」と訴える。聞きほれた司会者が涙ぐむほどで、共感が熱伝導のように広がる話術の持ち主なのだ。

 立憲の小川淳也政調会長が応援に入った1日の二本松市での街宣でも、小野寺は「岸田政権は『節電ポイント』を打ち出した。政府は汗をかかず国民に汗をかけと」と一刀両断だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず