五輪メダリストの上野順恵が全柔連に“最後っ屁”

公開日:  更新日:

「もっと先生(指導者)と選手の関係が良ければいいなと思います」――。
 ロンドン五輪柔道女子63キロ級銅メダルの上野順恵(30=三井住友海上)が、一連の不祥事に揺れた柔道界についてこう話した。

 12日、同社の世田谷道場で引退会見を行い「周りからは現役を続けろという声が多かったので、惜しまれながら引退したいと思った」と笑顔で話した。今後は同社女子柔道部のコーチに就任する。

 姉の雅恵さん(34=同社コーチ)は70キロ級でアテネ、北京五輪を連覇。レスリングの伊調姉妹のように、早くから姉妹でのメダル取りを期待されながら、妹の順恵は不可解な選考基準にも泣かされ、五輪出場はロンドンまで待たなければならなかった。中でも08年は国際大会で結果を残し、北京五輪選考会を兼ねた選抜体重別選手権で優勝。当時の全日本柔道連盟(全柔連)強化委員会は「上野には一本勝ちできる技がない」と判断し、上野に決勝で敗れた谷本歩実を代表に選んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る