「3年後の監督に」の声も “ポスト星野”にAJ浮上!?

公開日:  更新日:

「もしかしたら、『次の監督』というのはありますよ」
 仙台のマスコミ関係者がこう言っている。それが楽天の助っ人主砲、アンドリュー・ジョーンズ(36)のことだというから、驚きだ。

「このオフ、楽天は星野監督と複数年契約を結んだ。2年とも3年ともいわれており、しばらくは安泰でしょう。ただ、星野監督も来年で67歳。いずれは後継者問題も出てくる。『ポスト星野』としては、三木谷オーナーの子息に野球指導をする大久保二軍監督も候補のひとりですが、ここにきて球団内外で評価が高まっているのがジョーンズだというのです」

 ジョーンズといえば、メジャー通算434本塁打の打力だけでなく、米球界では走攻守三拍子揃った大スター。楽天1年目の今季は、開幕から不動の4番として、チームの日本一に貢献した。

「素晴らしいのがリーダーシップです。来日前は夫人への暴行容疑で逮捕されるなど、問題児として懸念された。球団が、開幕までチームに在籍すれば150万ドル(約1億5000万円)の給料を保証する、と異例の契約を結んだのも、それだけ素行を不安視していたからです。それが杞憂に終わるどころか、中心となってチームを牽引。休日返上で練習に参加し、星野監督に『勝ちにこだわれ。闘争心が必要』と意見したりもする。田中将大はジョーンズから多くのメジャーの話を聞くなど尊敬しているし、ベンチでは率先して声を出す。投手では田中がMVPなら、野手は間違いなくジョーンズです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る