「3年後の監督に」の声も “ポスト星野”にAJ浮上!?

公開日: 更新日:

「もしかしたら、『次の監督』というのはありますよ」
 仙台のマスコミ関係者がこう言っている。それが楽天の助っ人主砲、アンドリュー・ジョーンズ(36)のことだというから、驚きだ。

「このオフ、楽天は星野監督と複数年契約を結んだ。2年とも3年ともいわれており、しばらくは安泰でしょう。ただ、星野監督も来年で67歳。いずれは後継者問題も出てくる。『ポスト星野』としては、三木谷オーナーの子息に野球指導をする大久保二軍監督も候補のひとりですが、ここにきて球団内外で評価が高まっているのがジョーンズだというのです」

 ジョーンズといえば、メジャー通算434本塁打の打力だけでなく、米球界では走攻守三拍子揃った大スター。楽天1年目の今季は、開幕から不動の4番として、チームの日本一に貢献した。

「素晴らしいのがリーダーシップです。来日前は夫人への暴行容疑で逮捕されるなど、問題児として懸念された。球団が、開幕までチームに在籍すれば150万ドル(約1億5000万円)の給料を保証する、と異例の契約を結んだのも、それだけ素行を不安視していたからです。それが杞憂に終わるどころか、中心となってチームを牽引。休日返上で練習に参加し、星野監督に『勝ちにこだわれ。闘争心が必要』と意見したりもする。田中将大はジョーンズから多くのメジャーの話を聞くなど尊敬しているし、ベンチでは率先して声を出す。投手では田中がMVPなら、野手は間違いなくジョーンズです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  10. 10

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る