• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「3年後の監督に」の声も “ポスト星野”にAJ浮上!?

「もしかしたら、『次の監督』というのはありますよ」
 仙台のマスコミ関係者がこう言っている。それが楽天の助っ人主砲、アンドリュー・ジョーンズ(36)のことだというから、驚きだ。

「このオフ、楽天は星野監督と複数年契約を結んだ。2年とも3年ともいわれており、しばらくは安泰でしょう。ただ、星野監督も来年で67歳。いずれは後継者問題も出てくる。『ポスト星野』としては、三木谷オーナーの子息に野球指導をする大久保二軍監督も候補のひとりですが、ここにきて球団内外で評価が高まっているのがジョーンズだというのです」

 ジョーンズといえば、メジャー通算434本塁打の打力だけでなく、米球界では走攻守三拍子揃った大スター。楽天1年目の今季は、開幕から不動の4番として、チームの日本一に貢献した。

「素晴らしいのがリーダーシップです。来日前は夫人への暴行容疑で逮捕されるなど、問題児として懸念された。球団が、開幕までチームに在籍すれば150万ドル(約1億5000万円)の給料を保証する、と異例の契約を結んだのも、それだけ素行を不安視していたからです。それが杞憂に終わるどころか、中心となってチームを牽引。休日返上で練習に参加し、星野監督に『勝ちにこだわれ。闘争心が必要』と意見したりもする。田中将大はジョーンズから多くのメジャーの話を聞くなど尊敬しているし、ベンチでは率先して声を出す。投手では田中がMVPなら、野手は間違いなくジョーンズです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る