• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

星野監督vs落合GM 井端ら補強巡り“全面戦争”へ

<本当の恩人>

 もうすぐ場外戦のゴングが鳴る――。
 日本一になった楽天は今オフ、内野手の補強に西武からFA宣言した片岡治大(30)の獲得を検討中だが、本命は中日を退団した井端弘和(38)だというのだ。

 今季16年目の井端は3月のWBC台湾戦で値千金のヒットを放ち「時の人」となるも、公式戦ではサッパリ(100試合=打率.236、1本塁打、18打点)。10月には来季のために早々と右肘、右足首を手術した。

 その井端は契約交渉でゼネラルマネジャー(GM)に就任した落合元監督(59)から、1億9000万円から野球協約の定める減額制限(年俸1億円超は40%)を大幅に上回る3000万円前後の金額を提示されケツをまくり退団となった。

 そこで星野監督(66)は傷心のベテラン内野手に救いの手を差し伸べようというのだ。今季の日本一監督は中日時代、97年ドラフトで井端を指名(5位)した本人。01年には正遊撃手として抜擢もした。「落合チルドレン」とまで呼ばれた井端にとって本当の師匠は「こっち」なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る