楽天がNO…マー君残留なら「怒りや不快感が投球に影響」と識者

公開日: 更新日:

 公の場で初めてメジャー志向を明らかにした楽天の田中将大(25)に対し、球団側は「連覇を目指す一員として残って欲しいという話はした」(立花球団社長)と、残留を要請した。新たな入札制度(ポスティングシステム)が発効した17日、会談した両者の主張は依然、平行線をたどっている。

■残留で来季のピッチングに及ぼす影響は?

 田中は17日の会見で、「ポスティングシステムというのは球団の権利。球団に『かけません。残ってくれ』と言われれば、プロとしてそこでまた全力を尽くすし、その覚悟はできている」と話した。

 田中は確かにマジメな選手だ。希望がかなわなかったからといって、手を抜くタイプではない。立正大学教授(心理学)の斉藤勇氏もこう言う。

「心理学的な見地からすると、プロアスリートは一般の方に比べ、非常に強い精神力を持っています。その中でも田中選手は、緊迫感が続くシーズンで毎年のように活躍しているので、普通の選手以上にメンタル面は強いでしょう。仮に残留して来季日本でプレーすることになっても、ある程度のパフォーマンスは出せるはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  6. 6

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る