楽天がNO…マー君残留なら「怒りや不快感が投球に影響」と識者

公開日: 更新日:

 公の場で初めてメジャー志向を明らかにした楽天田中将大(25)に対し、球団側は「連覇を目指す一員として残って欲しいという話はした」(立花球団社長)と、残留を要請した。新たな入札制度(ポスティングシステム)が発効した17日、会談した両者の主張は依然、平行線をたどっている。

■残留で来季のピッチングに及ぼす影響は?

 田中は17日の会見で、「ポスティングシステムというのは球団の権利。球団に『かけません。残ってくれ』と言われれば、プロとしてそこでまた全力を尽くすし、その覚悟はできている」と話した。

 田中は確かにマジメな選手だ。希望がかなわなかったからといって、手を抜くタイプではない。立正大学教授(心理学)の斉藤勇氏もこう言う。

「心理学的な見地からすると、プロアスリートは一般の方に比べ、非常に強い精神力を持っています。その中でも田中選手は、緊迫感が続くシーズンで毎年のように活躍しているので、普通の選手以上にメンタル面は強いでしょう。仮に残留して来季日本でプレーすることになっても、ある程度のパフォーマンスは出せるはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る