楽天がNO…マー君残留なら「怒りや不快感が投球に影響」と識者

公開日:  更新日:

 公の場で初めてメジャー志向を明らかにした楽天の田中将大(25)に対し、球団側は「連覇を目指す一員として残って欲しいという話はした」(立花球団社長)と、残留を要請した。新たな入札制度(ポスティングシステム)が発効した17日、会談した両者の主張は依然、平行線をたどっている。

■残留で来季のピッチングに及ぼす影響は?

 田中は17日の会見で、「ポスティングシステムというのは球団の権利。球団に『かけません。残ってくれ』と言われれば、プロとしてそこでまた全力を尽くすし、その覚悟はできている」と話した。

 田中は確かにマジメな選手だ。希望がかなわなかったからといって、手を抜くタイプではない。立正大学教授(心理学)の斉藤勇氏もこう言う。

「心理学的な見地からすると、プロアスリートは一般の方に比べ、非常に強い精神力を持っています。その中でも田中選手は、緊迫感が続くシーズンで毎年のように活躍しているので、普通の選手以上にメンタル面は強いでしょう。仮に残留して来季日本でプレーすることになっても、ある程度のパフォーマンスは出せるはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る