ソチ五輪 浅田真央を追い込むトリプルアクセルと大和魂

公開日:  更新日:

 それでも五輪で跳ぶのか。
 フィギュアスケート全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)最終日、女子ショートプログラム(SP)で首位に立った浅田真央(23)はフリーの演技で2度の3回転半ジャンプ(トリプルアクセル=3A)を失敗。まさかの大失速で3位に終わった。優勝はSP2位の鈴木明子(28)、2位は同3位の村上佳菜子(19)。女子シングルのソチ五輪代表はこの3人に決まった。安藤美姫(26)は7位。現役引退を表明した。

 それにしても散々なジャンプだった。
 浅田は演技開始直後の3Aは回転不足で着地が乱れた。2回目の3Aも1回転半で着地に失敗。氷に手をつく失態も見せた。後半の連続ジャンプでも2回転が1回転に。五輪に向けて弾みをつけるどころか、1万8000人近い観衆には大いに不満が残る演技だった。

 結局、今季はグランプリ(GP)シリーズ初戦のスケートアメリカから今大会まで3Aを9度跳び、いずれも減点。「GPファイナル前に腰痛が再発して思うような練習ができなかった」と佐藤コーチは明かしたものの、今は最大の武器がむしろ仇(あだ)になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る