巨人・井端はリハビリ順調 開幕どころかキャンプに間に合うらしい

公開日: 更新日:

「リハビリはできているの?」

 1年契約の年俸4500万円プラス出来高で巨人入りが決まった元中日の井端弘和(38)について、こんな声が上がっている。

 10月に右ひじ、右ひざと立て続けに手術。中日でリハビリに励んでいたものの、落合GMとの年俸更改で2億5000万円から88%ダウンの提示を受け交渉決裂。自由契約になった。

 その後は中日の施設も使えないことから、リハビリはいったん中断せざるを得なくなった。落合GMが「ここ数年は故障がちで、(手術で)メスも入れた。億以上の金を出すリスクを球団が背負えるのかといえば、その状態ではない」と説明していたこともあって、周辺では「メスを入れた上にリハビリが中断されて支障はないのか、本当に復活できるのか」という声があったのも事実だ。

 原監督も、井端の術後の状態をおもんぱかっている。井端との電話交渉では「4月の開幕に9割のパフォーマンスが出てくれれば」と話したそうで、キャンプ、オープン戦のある2月と3月は、「そのための準備に使おう」と語った。キャンプの一、二軍の振り分けについては今後の話し合いで決まるが、無理をさせず二軍スタートとなるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る