巨人・井端はリハビリ順調 開幕どころかキャンプに間に合うらしい

公開日:  更新日:

「リハビリはできているの?」

 1年契約の年俸4500万円プラス出来高で巨人入りが決まった元中日の井端弘和(38)について、こんな声が上がっている。

 10月に右ひじ、右ひざと立て続けに手術。中日でリハビリに励んでいたものの、落合GMとの年俸更改で2億5000万円から88%ダウンの提示を受け交渉決裂。自由契約になった。

 その後は中日の施設も使えないことから、リハビリはいったん中断せざるを得なくなった。落合GMが「ここ数年は故障がちで、(手術で)メスも入れた。億以上の金を出すリスクを球団が背負えるのかといえば、その状態ではない」と説明していたこともあって、周辺では「メスを入れた上にリハビリが中断されて支障はないのか、本当に復活できるのか」という声があったのも事実だ。

 原監督も、井端の術後の状態をおもんぱかっている。井端との電話交渉では「4月の開幕に9割のパフォーマンスが出てくれれば」と話したそうで、キャンプ、オープン戦のある2月と3月は、「そのための準備に使おう」と語った。キャンプの一、二軍の振り分けについては今後の話し合いで決まるが、無理をさせず二軍スタートとなるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る